| home | 予告編 | Media | Voices | 「鏡心」完全版 | CAST & STAFF | Production Note | ISHII's Blog | Q&A |


roduction Note

 インディーズ映画の第一人者・石井聰亙(ISHII SOGO)監督が、初めてのワンマン映画として鋭意取り組んだ新作映画「鏡 心」(きょうしん)が、「ハイビジョン24P・3Dバーチャルサウンド・完成尺六十一分」の完全版として完成した。

 本作「鏡心・完全版」は小品ながら、一切の制約から完全に自由な自主制作体制で創られた映画作品で、「全く未知の体験に観客を誘う」意欲的作品であり、フルデジタル機材を駆使して作られ上映される劇映画として、画期的な試みに満ちている。

 超小型ながら劇場公開のクオリティを生み出せる新型DVカメラ24Pモードを駆使した撮影後、個人作業によって、編集・音響・音楽を、超ハイファイ・クオリティで完成させるという「デジタル技術革命作業」が、優秀な精数メインスタッフ(プロフェッショナル映画製作では異例の監督含む約5人という小人数)によって成された。

 今までの日本映画で捉える事が難しかった、女優のささやかな表情、微妙な吐息、混沌の都市の中で現在を生きる葛藤、孤独、喪失感などを、立体的に映像に定着させるという試みが、小型カメラの機動性を武器に遺憾なく発揮されている。
 「完全ノーライト」による撮影は、瞬間々に刻々と姿を変える東京繁華街やバリ島の大自然の現在の息吹を、「ゲリラ的オールロケ」によって生々しく鮮烈に捉え、強い詩的な力を持ち、同時に新しい娯楽体験にもなる、まったく新しいオリジナルな映画世界を創り出している。

 また音響面においても、通常の音響データの数倍を駆使した、画期的クオリティによるフルデジタルの特殊な立体音響設計(3D Virtial)を行っている。
 適切な環境とハイファイ機材での再生のもと、かってない音響空間が出現し、今回の映画音楽(音楽小野川浩幸)のべースになるインドネシア・ガムランの神秘的響きと広がりとともに、観客を異次元の世界へ誘えるものと期待される。

 そしてあえて映画館という場所に限定されず、エキシビジョン(展覧)上映として、様々な関連映像作品や音響、そして対談などを同時に提供し、「鏡心」の作品世界を立体的に、深く、まさに「ライブ」として味わっていただく上映ツアーを全国で展開する。

 「鏡心」が完成に至るまでの軌跡を、制作の各段階を追いながら詳細に斬っていく石井監督の特別レクチャーもほとんどの地区で上映会期中に開催。

 すべて劇映画としては画期的な試みです。

 
 

Copyright © 2005 Ishiisogo All Rights Reserved.